専業主婦のススメ 2016年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての運動会で衝撃の事実





↓勝手に連載中です

【おっぱいが敏感すぎて母乳を諦めた話】

 序章

 1話 産前

 2話 おっぱいチェック

 3話 出産

 4話 産後2日目

 5話 撃沈






今日は、

雨で延期になっていた幼稚園の運動会でした。


練習風景や、プログラムを見ただけで泣いてしまっていたので、

号泣覚悟の薄めメイクで参戦してきました(´∀`)


でもいざ始まると、

下の子の相手やビデオやカメラでバタバタで、

泣く暇もなかったです。

こんなんならマスカラしときゃ良かった(そこ?)



解散後、同じクラスのMちゃんママとお話ししていたら、


ママ「うちの子ね、長男君のことが・・・」

Mちゃん「ママだめ!絶対言っちゃだめ!!」

ママ「好きみたいなんですよ♪(コッソリ)」



( д) ゚ ゚



ママ「長男くん人気だから、Nちゃんと取り合いしてるらしいですよ」



( д) ゚ ゚



ママ「お話しが面白いから好き、って言ってました♪」



( д) ゚ ゚



あ…


ありがとうございます!!(土下座)



長男が地味にモテてたことにもびっくりでしたが、


年少さんの女の子って、こんなにませてるのね・・・!!!

小さい頃って、背が高いとか足が早いとかそういう理由で好きになるんじゃなかったっけ!?

「話が面白い」なんて、もうそんな内面にフォーカスしちゃうのね!?

おばちゃん、男の子しか育てたことないから知らなかったよ・・・!!!



201610101


長男からMちゃんやNちゃんの名前をきくことはありましたが、

そんな雰囲気だったとは全く知りませんでした。

本人が100%気付いてないからだろうなwww




最後の最後でこんな衝撃もあり、

いろんな意味で思い出深い、初・運動会となりました。


お友達、恥じらい方が完全に女子で、本当に可愛かったなぁ(´∀`艸)♡



にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【おっぱいが敏感すぎて母乳を諦めた話】 6話 砂糖水

*前回はこちらから

【おっぱいが敏感すぎて母乳を諦めた話】

 序章

 1話 産前

 2話 おっぱいチェック

 3話 出産

 4話 産後2日目

 5話 撃沈






結局、何の打開策もなく、

一触即発おっぱいを抱えたまま、二度目の夜に。



早速泣き出す長男。

抱きかかえ、

おっぱいを出し、

長男の口に近づける・・・



201610051



どうしても、無理でした。



あと数センチがどうしても動けなくて、

情けなくて申し訳なくて、

ずっと息子を抱きしめたまま泣いていました。



幸い、搾乳していた母乳が少しあったので、

それで凌いだのですが、

途中どうしても足りなくなり、

砂糖水をあげていました。



「母乳が出なくなったらこれをあげて」


と指導されていたものでした。



栄養なんてない。

次の母乳までの間、

赤ちゃんをごまかしておく砂糖水。



次の母乳なんてあげられるかどうかも分からない。

本当に、ただその場しのぎなだけの砂糖水。


201610052



(本当はもう少し描く予定でしたが、

色々思い出して涙が止まらなくなってしまったので、ここまで(笑))


にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

【おっぱいが敏感すぎて母乳を諦めた話】 5話 撃沈


*前回はこちらから

【おっぱいが敏感すぎて母乳を諦めた話】

 序章

 1話 産前

 2話 おっぱいチェック

 3話 出産

4話 産後2日目






ついに(といってもたった一日)、助産師さんに、

「母乳が痛すぎて辛いので、ミルクを検討したい」

と打ち明ける決心をした私。


病院の母親学級でもひたすら母乳の良さを教わってたので、

言い出すのにかなり勇気がいりました・・・(ビビリ)


201610021


「何いってんの!?

そんなんじゃミルクになっちゃうよ!?」



と一喝されて終了(・ω・`)



幸か不幸か、

貧乳のくせに母乳の出が良かったんです。


「あげたくても出が悪くて苦労してる人もいるのに云々」

と延々お説教でした。



ここで、メンタル弱めな私は大ダメージ。

つーか、そこは「いやです!もうミルクにします!」で押し通せよと、

今なら思います。

当時は産後だったこともあって、ほんとに色々張りつめて思い詰めてたんだと思います。



その直後、

お見舞いにきてくれた親戚の方にも同じような話をしたところ、

201610022

ですよね・・・。


「私は上の子のときも下の子のときも乳首が切れたけど、

それでも歯をくいしばっておっぱいをあげた」



授乳一発目から歯を食いしばっていた私は、

ここで精神HPがゼロに(笑)



この日は一晩中泣いていました。



何の異常もないのに授乳が出来ないなんて、

私は体もおかしいし、

心も弱いんだ。


産んだら母乳をあげるのが、

哺乳類だろうよ。


母親失格だ。


息子ごめん。


意気地なしな母親で、

免疫もあげられない。


最低だ・・・




と、どこまでも落ちていきました^^;

今だったら当時の自分に、

「はいはい分かったからもうミルクにしよーね」と言ってやりたい(笑)


にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
にほんブログ村
09 | 2016/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

なつ

Author:なつ
3歳、1歳の息子達を溺愛する専業主婦。
毎日必死です。

楽しめる節約を目指し、ハンドメイド、DIY中。
最近育児絵日記も始めました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。